webカメラ監視システムは東京のリテラス株式会社にお任せ下さい。目標達成へと導くITソリューションをご提案。

VCAセキュリティ・マーケティング

頭脳を持った人間の眼が、AIを持つVCAシステムに。人工知能搭載・次世代型VCA防犯・監視・マーケティングシステム

VCA(ビデオコンテンツ解析)システムとは、カメラの映像を自動的に解析し、あらかじめ指定しておいた行動やイベントが起こった際に、警報などで通知する技術のことです。カメラの映像を目視で確認していた従来までの手法にとって代わる技術として、現在注目されています。
リテラスではVCAの研究開発を進めると共に、この技術が企業や家庭で広く使われるよう、使用用途についてもご提案しておりますので、興味を持たれた方はご連絡ください。

製品の特徴

  • 既存のカメラにそのまま導入できる
  • 人物、動物、自然物のそれぞれの動きを判別する
  • 風景の変化を学習する
  • 外的環境の変化(雨、風や振動、明るさの変化など)に対応する
  • 屋内外での使用が可能
  • 監視センターを置けば外部での一括管理が可能

製品の用途

交通

車や人の通行情報を分析し、事故や交通違反が発生した際、警報を自動送信することができます。

【導入例】
人や車の交通量調査
交通渋滞の発見
駐車違反など交通違反の発見
交通事故の発見・現場確認
マーケティング

商品やサービスに対する人の行動を調査し、顧客の潜在的な行動パターンを分析することで、販売戦略の立案を支援します。

【導入例】
顧客数の調査
人物の行動追跡及び動線の分析
セキュリティ

歩いている複数の人に対して、同時に本人確認(認証)が行えます。

【導入例】
空港の搭乗ゲートでの本人確認
顔認証による入退室管理
危機管理

対人監視及び対物監視システムが対象を識別し、人・物・自然物などに分類。その対象が、あらかじめ設定しておいた基準にそぐわない行動を起こした場合(もしくは基準にそぐわない場合)、警報を鳴らしたり、自動で携帯電話に通報を行ったりといった対応をとります。

【対人監視の例】
侵入者の発見・照合・追跡
不審者の発見
立入禁止警報
ATMコーナーの監視
【対物監視の例】
不審物の発見と追跡
不審な船・車両・航空機の発見と追跡
盗難の発見
落書や器物破損の発見
遠隔からの計測システム

人が現地に赴かなくても、立入禁止区域や災害の危険性がある場所を計測できます。

【導入例】
ダムや川の水位計測
地滑りや崩壊の危険がある場所での計測
ポイント

人工知能を持つ監視・マーケティングシステムが、頭脳を持つ人間の眼にとって代わることで、24時間の監視が可能になりました。システムを導入することにより、監視員の人為的ミスや人件費を減らすことができます。

VCAセキュリティ・マーケティングに興味を持たれた方はこちら
ページの上部へ
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-16 渋谷TRビル
 TEL:03-5774-5180
メールでのお問い合わせ